スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野口みずきの出場判断は「保留」 女子マラソン

2008.08.10
アテネ五輪女子マラソン金メダリストで、北京五輪で史上初の連覇を目指す野口みずき(30)=シスメックス=を指導する藤田信之監督は10日、京都市内で会見し、「(野口は)左太ももを痛めているが、出場に向けて最善の努力をしていく」と語った。最終的な判断は2、3日中にくだされる見通し。

 野口は腰や足のつけねの違和感を訴えて合宿先のスイス・サンモリッツから予定より3日早く今月4日に帰国。同市内の病院で精密検査を複数回受けていた。

 会見に同席した沢木啓祐専務理事は「2、3日の間で判断しないといけない」と語った。藤田監督は「今はなんとかして出場させたいとしかいえない」と話した。

 野口はもともと走り方から腰に負担がかかりやすく、そのためにフォームを改良。ウエートトレーニングなどで体幹部分の強化に取り組んできた。アテネ五輪前にも風邪をひいた後に腰に張りが出て周囲を不安にさせた。


アクオスと携帯電話
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。