スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暑っ!」夏を賢く乗り切る“お助けサプリ”

2008.08.04
猛暑対策は、日ごろの食事や休息、適度な運動など規則正しい生活が大前提。サプリはあくまで補助的な役割と考えるべきという。

 熱帯夜でなかなか寝付けない場合を例にとってみると、寝室や寝具の温度・湿度調整といった一般的な暑さ対策のほか、就寝直前の飲食、喫煙やテレビなどの刺激を避け、ぬるめの湯でゆっくり入浴することなどが、身近な安眠促進法にあげられる。

 眠りを助けるとされるサプリは、含有成分によって心身をリラックスさせたり、睡眠時の体温調節を助けたりと、役割はさまざま。スリープクリニック府中の遠藤拓郎院長によると、人は一般的に就寝後、体の表面の温度が上がり、逆に直腸の温度(深部体温)が下がることで深い眠りに達する。暑さで体温のリズムが崩れやすい夏場は、「深部体温を下げるアミノ酸「『グリシン』を就寝前に取るのが質の良い睡眠と良い目覚めに効果的」という。

中古PCの相場in大阪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。