スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅でできる「がん検査キット」の落とし穴とは…

2008.08.04
「尿でがんがわかる」をうたい文句に効果のない検査薬を販売した業者が逮捕された。売り上げたニセ検査薬は18万個にものぼるというから驚きだ。年間約33万人が命を落とす「がん大国・日本」のユウウツにつけ込んだ事件ともいえるが今、こうした自宅でできる“がん検査キット”の市場は急成長中。本当に自宅でがんが分かるのか?

 今回の事件のように、自宅でできる“がん検査キット”のすべてがいかがわしいものではない。だが、科学的な根拠を持つ検査でも落とし穴はある。

 「自宅で行うがん検査は、医療機関で受けるがん検診よりは精度が落ちます。必ずしもがんを発見できるものではありません」と、国立がんセンターがん予防・検診研究センターの森山紀之センター長は指摘する。

 自分で細胞、痰、血液などを採取し、郵送して調べてもらうがん検査にはいろいろなものがある。

 中でも、代表的な検査について、森山センター長に説明してもらった。

 【胃がん】…採血し、血液の「ペプシノーゲン」という成分を調べる。

 「ペプシノーゲンは、縮性胃炎の有無がわかりますが、胃がんの有無まではわかりません。縮性胃炎が強いと胃がんになりやすいとはいえます」

 検査キットの中には、ピロリ菌の有無を調べるというのもある。これについても、「胃潰瘍や胃がんのリスクファクターにすぎません」と森山センター長。胃がんを自分で見つけるのはなかなか難しいのだ。

 【大腸がん】…採便によって血液が混じっていないか調べる検査だが、内痔(肛門の内側にできる痔)や、憩室(けいしつ/大腸にできるくぼみ)でも下血があるので、がんとの見分けがポイントに。

 【肺がん】…採取した痰にがん細胞が混じっていないかを調べる。

 「肺がんで多い『腺がん』は、肺の末梢にできるため、痰にがん細胞が混じるのはよほど進行してからです」

 痰の検査で陰性でも、肺がん(腺がん)が潜む可能性は高くなるのでご用心。

 【前立腺がん】…採血により、前立腺特異抗原(PSA)を調べる。

 「一般的に医療機関でも行っている検査で、前立腺がんの場合は、かなり高率で数値が上がります。ただし、前立腺肥大症というがん以外の病気でも数値は上がります」

 【子宮頸がん検査】…子宮頸部の細胞を採取する。この場合、「自身で的確に細胞を採取できるかが問題」。

 この他、がん検査には、腫瘍マーカーを調べる方法などもあるが、その精度は発展途上中ともいうべき段階だという。

 「検査を全く受けないよりはるかに良いでしょう。ただし、検査内容が具体的に記されているかをよくチェックしてください。また、異常値が出たら医療機関を受診するのは当然ですが、正常値でも、がんが見逃されている可能性があることを認識していただきたい」と森山センター長。

 検査キットの中には、価格的に医療機関で受けた方が安くて済むようなものもある。よく内容のチェックを。そして便利ではあるが“見逃し”リスクがあることも忘れずに。


安いBTOパソコンの評判
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。